歴史の中の水晶

水晶は洋の東西を問わず、数千年の昔から『神秘的なものを感じさせてくれる石』

として他の宝石とは区別され、特別な用途に使われてきました。

水晶は、その設置した場所を浄化する能力が極めて高く、その場の気が清められ、

『陰の気』を『陽の気』に転換させる力を持っています。


水晶だけが他の石と違って特別な運動サイクルを持って振動していることは現代

科学でも証明され、クォーツ式の時計など、さまざまな計器に利用されています。

このことからも生命を持った石である事がわかるはずです。


西洋では紀元前1400年頃にギリシャで占いなどに使われ始め、東洋でも古くから

さまざまな種類の水晶を『風水の石』として重用してきました。

また、古代エジプトでもピラミッドの頂上に水晶が組み込まれていて、宇宙の

膨大なエネルギーを吸収し、王たちはその力を使って絶大な権力を握ったと

されています。


日本には、いつの頃に伝わったのかはわかりませんが、和銅3年(710年)に

建立された奈良・興福寺の『地鎮めの儀式』に水晶玉が使われたことが

わかっています。


このように水晶は数千年もの昔から、また科学の発達した現代でも利用され

つづけています。

単なる迷信であったならこれほど長い間、利用されてきたでしょうか?


開運・パワーストーン手帳




posted by yui at 00:00 | 水晶

パワーストーンの扱い方

天然の宝石類には多かれ少なかれ、周りの気を吸収する作用があると同時に

その宝石によって独特の効果を発生しています。

ですから宝石を所有したら自分にフィットするように洗浄することが大切です。


天然の宝石類の中でも水晶は特に『記憶能力』が高いと言われ、水晶を手に

したら残留しているエネルギーを取り除きリセットしてあげることが大切です。

これは水晶を含めたパワーストーン全体に言える事です。

これを『浄化』または「消磁」と言います。


『浄化・消磁』を行ったあとに、このパワーストーンの活動のメインスイッチを

押してあげて活動をスタートさせます。

これを『啓動』と言います。


次に、このパワーストーンに何を求めるのかによって願を掛けます。

これを『注念』と言います。

これらを行って初めて宝石類の持つ効果が発揮できるのです。


1、パワーストーンを浄化・消磁させる
   ↓
2、パワーストーンを啓動させる
   ↓
3、パワーストーンに注念する


開運・パワーストーン手帳


posted by yui at 00:00 | パワーストーン基礎知識

パワーストーンを浄化・消磁させる

浄化・消磁の目的

パワーストーンがさまざまな邪気を吸収したために残留してしまっている

マイナスのエネルギーを取り除く


方法A

蛇口の下にボールを置いてその中にパワーストーンを入れ、水を3〜5分間

流します。

その後、自然乾燥を1時間行います。

太陽にあてるとレンズ効果によって思わぬ火災事故になりかねませんので

注意してください。


方法B

 1.ボールに水と塩を入れて海水よりやや濃いめの塩水をつくる。

 2.その中にパワーストーンを入れてゆっくりとすすぐ。

 3.そのまま3時間以上ひたしておく。

 4.引き上げたら蛇口の下にボールを置き、流水で3〜5分間すすぐ。

 5.1時間以上自然乾燥させる。


方法C

雪や霜にさらしたり、冷凍庫の中の氷の上にパワーストーンを12時間以上置き、

その後取り出して流水で3〜5分洗浄します。

※この方法は紫水晶・ローズクォーツ・金メッキした物・銀製品に向きます。

※この方法は手軽で有効なのですが、温度差による『割れ・掛け』と言う

リスクを多少ともないます。


方法D

粗塩の中に24時間埋めた後で取り出し、流水で3〜5分浄化し、自然乾燥を

1時間以上させる。

※塩は必ず精製されていないものを使用してください。


方法E

土の中に埋めた後水晶を取り出し、流水で3〜5分浄化し、

自然乾燥を1時間以上させる。


方法F

海水の中に4〜5時間浸した後、真水ですすぎます。


方法G

白檀のお香の煙で薫蒸します。


これらのどの方法を使用してもかまいませんが、複数の方法を重ねて行い、

徹底的に浄化・消磁させている方も多いようです。

また、宝石の種類によっては宝石に損傷を与えてしまう浄化法もありますので、

行う前には宝石専門家に相談してから行うことをお勧めします。


1、パワーストーンを浄化・消磁させる
   ↓
2、パワーストーンを啓動させる
   ↓
3、パワーストーンに注念する


開運・パワーストーン手帳


posted by yui at 00:00 | パワーストーン基礎知識

パワーストーンを啓動させる

啓動の目的

浄化・消磁したパワーストーンの波動を自分の体内リズムに合せて動き出させ、

パワーストーンの波動と自分自身の波動との相乗効果を生み出す


方法

 1.両手を2度3度とよく洗い清めてから両手でかかえる

 2.そのまま呼吸を整え、1〜2分待つ

 3.あなたの体内リズムを感じ取り、パワーストーンが動き始めます


1、パワーストーンを浄化・消磁させる
   ↓
2、パワーストーンを啓動させる
   ↓
3、パワーストーンに注念する


開運・パワーストーン手帳


posted by yui at 00:00 | パワーストーン基礎知識

パワーストーンに注念する

注念の目的

自分の体内リズムを理解してくれて動き出したパワーストーンに願いをかける


方法

 1.対面して座り、1〜2分間見つめてから目を閉じ瞑想して精神を集中する

 2.目をあけ、再び見つめながら願い事をする


注意!

注念する時には否定的ではなく、積極的で前向きな言葉で願いをかけること!

 例「試験に落ちないように」ではなく、

  「試験に合格するように」


1、パワーストーンを浄化・消磁させる
   ↓
2、パワーストーンを啓動させる
   ↓
3、パワーストーンに注念する


開運・パワーストーン手帳


posted by yui at 00:00 | パワーストーン基礎知識
祈願堂本舗
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。